読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受験屋本舗さかた塾

2017年度尾道新規開校・東京大学現役合格講師による直接対面授業の難関大学専門塾

読書習慣獲得プログラム

国語力はすべての科目の基礎になるものです。 授業を聞き、参考書を読み、問題集を解き、解説を読む。 その全ての過程において、文字情報を効率的に処理することができるかどうかが、吸収率と定着率を左右します。 また、国語の評論文はもちろん、英語の長文…

高1英語 カリキュラム予定

高1長文 毎回前回の復習テストを行います。速読英単語入門編をベーステキストに、短い文章から始めて、センテンスの構造をスムーズに把握する訓練、パラグラフ構造の理解といった基礎力を養い、徐々に長い文章へとステップアップしていきます。また、音読や…

高3英語 カリキュラム予定

高3長文 1学期では、入試レベルのパッセージを「いかに読むか」ということを重点的にトレーニングしていきます。様々なパッセージを大量に読みながら、筆者の主張・パッセージの構造を捉えるトレーニングを繰り返していきます。 2学期では、入試レベルの…

高3化学 カリキュラム予定

公式を丸暗記、図式化して解く、比で解く、こうした学習で化学につまづいている人がたくさんいます。ばらばらに解法を覚えて、簡単な問題ならできるけど、入試問題になるとお手上げ、という人もたくさんいます。 それはひとえに一貫した考え方・捉え方、本質…

高2英語 カリキュラム予定

高2長文 毎回前回の復習テストを行います。速読英単語必修編をベーステキストに、パラグラフの構造、センテンス間のリンケージを習得していきます。ただの訳読を超えて、英語の文章構造を見抜くための力を養成し、圧倒的な長文力と鍛えていきます。また、音…

運営ポリシー

当塾は「努力の尊さ」を信じています。「自分の限界をこえて、それをさらに押し広げようと必死に努力するときに、初めて自分の持つ潜在的な力に気づき、そして成長する」と信じています。勉強は必ずしも「楽しく」進められるものではありません。時には「強…

高3化学・化学基礎設置のお知らせ

高3化学選択者が多く、需要が高いので、『高3化学・化学基礎』の講座を以下の日程で設置します。 毎週 土曜日 19:00~20:20 1学期は化学基礎範囲を行い、2学期から化学範囲のクラスとセンター演習のクラスにわかれる予定です。

ご受講までの流れ

おおよそ、以下のような流れで、ご受講を開始していただけます。 お問い合わせ お電話・ご来塾・メール・FAXなどでご連絡いただけます。 保護者の方・ご本人とのカウンセリングの日程を決定します。 入塾カウンセリング 現在の成績・学習状況・志望校などを…

科目方針・理科

理科 自然科学への発展的応用 理系離れが叫ばれて久しい昨今、カリキュラムの改変により、本来の理系科目が持つダイナミズムを理解することが難しくなってしまっています。そこで当塾では自然科学を定性的・定量的に分析し、理解を進めていきます。カリキュ…

教科方針・社会

社会科 ものごとの真相・深層を見抜く力を。 社会科は暗記科目ではなく根本を見抜き理解する科目です。もちろん、試験で問われることは悲しいかな知識問題であることが多く、一問一答的な訓練も必要です。だからといってただ暗記すればいいということにはな…

教科方針・国語

国語科 論理とレトリックの森へ。 国語という科目を言語・論理という点から読み解いていきます。古典分野では、適当な文法解説・和訳でお茶を濁すのではなく、本質的な理解を目指します。古文・漢文の書かれた時代に思いを馳せ、筆者の息遣いが聞こえる。文…

教科方針・英語

英語科 骨太な妥協のない英語運用力を。 徹底した語彙・文法・長文読解・リスニング・ライティングのトレーニング演習により、圧倒的な英語力を身につけていきます。近年におけるセンター試験や2次試験での傾向は、テクニック的なものではなく本質的な理解…

指導方針

当塾では、すべての受験科目に精通し、幅広い知識を持った講師が全面的に生徒のバックアップをしていきます。定員数も目が届かない様な大人数ではなく、個々に目が行き届く少人数制で、きめ細かなフォローアップと必要な知識のサポートを行っていきます。 ◆…

塾長・阪田健太郎について

東京大学文科Ⅲ類・慶応義塾大学法学部・同志社大学経済学部現役合格。TOEIC980点(990点満点)。 東京大学進学後、教育の魅力に目覚め、中退。 サピックス代ゼミグループなど大手予備校・学習塾での対面授業のほか、映像授業、模試作成やベネッセ進研ゼミの…

開校にあたって

当塾は、難関大学合格を目標とし、『受験』全体をデザインしていきます。 大学受験は総合力です。特に難関大においては単科の知識だけでは合格に辿り着くことは限りなく難しくなってきています。小論文や面接など、深い知識運用力を問う受験形式は増加の一途…