読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受験屋本舗さかた塾

2017年度尾道新規開校・東京大学現役合格講師による直接対面授業の難関大学専門塾

英文解釈について

英語が苦手な子の中には、単語を辞書でしらべて、前から後ろに並べていく子がとても多い。読解に必要な文法知識はそう多くないのだけれど、文法問題集などで習う文法事項の膨大さに圧倒され、結局基本すら身に付かず、支離滅裂な文章になってしまっている子をよく見かける。

要は、接続詞のまとまりが見抜けていない、後置修飾がとれていない、準動詞の見極めができない、というあたりに集中している。

基本の品詞だったり文型だったりが、ごっそり抜けている子も多い。

 

英文和訳の入試問題において、構造が複雑なものや文法的に難しいものが含まれる問題は数を減らしつつあるが、それでも基本的な英文和訳に関してはしっかりとできていないといけない。上位校を受けるのであれば、和訳はより読解の問題として読み取る必要が出てくるが、英文和訳として求められている力自体はそれほど大したものではない。

 

単語力と基本的な英文和訳の力さえあれば長文はどんどん読めていく。長文が読めれば出会う単語の数も増え、スムーズに和訳をとることができるようになる。(最終的には和訳せずに読めるようになるところまでいくことが理想ではあるが)

とにかく長文を早く始めて、読解量を上げていくことが、英語学習のサイクルを最適なものにする。単語やって文法やって解釈やって、長文。ではなく、単語・解釈を早急に仕上げるつもりで同時並行で長文演習を進めていくことが重要だ。

 

英文解釈の基本がまとまっているものは

くもんのハイレベル中学英語―文法・作文 スーパーステップ

くもんのハイレベル中学英語―文法・作文 スーパーステップ

 

 まず最初のステップとしてこの一冊が秀逸。基本的な文法を四択・空所補充・並び替え・英作文などさまざまな角度から演習できるようにしてある。高1から使えるし、受験生も穴がないかを確認するために春休みに仕上げておきたい一冊だ。

 

その次に

英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式 改訂版

英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式 改訂版

 

 品詞の役割から、句のまとまり、節のまとまり、というように徐々に大きなカタマリが取れるように組み上げられている良著。詳しく説明されているので、英文解釈の基本を徹底する上で非常に良い。ノートをつくって、自分なりにまとめていくのがいい。

 

 

 あとは演習で少しずつ難しいものに触れていくように。

 

入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

 

 

基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

 

 入門が終わったらもうふつうに長文は読めるはず。基礎まで終われば標準的な国公立であれば十分。あとは実践演習や長文読み込みにさらに時間を割いていきたい。

 

ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)

ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)

 

好みでこちらのビジュアル英文解釈PART1/2もいい。技術の方は説明がそっけない感じだが、こちらは対話形式で進んでいくし、長文読解への橋渡しもしてくれる。

 

 

上位校を受けるならば

 

大学受験のための英文熟考 上 (熟考シリーズ)

大学受験のための英文熟考 上 (熟考シリーズ)

 

 

英文解釈のトレーニング 必修編

英文解釈のトレーニング 必修編

  • 作者: 中澤幸夫
  • 出版社/メーカー: Z会出版
  • 発売日: 2004/04/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

英文熟考or英文解釈のトレーニング必修編をレベルに合わせて、好みに合わせてつかっていく。

英文解釈の技術と同形式なのは英文熟考。コンパクトに重要題がまとまっている。

英文解釈のトレーニングは文例が豊富でこれでもか!というほど上位レベルの解釈の演習ができる。

 

 とにかく『英文読解入門 基本はここだ!』までを早く終わらせてしまって、長文読解で足をひっぱらない程度の解釈力をもっておくことが重要だ。

いち早く長文対策に移れるように、がんばっていこう。

 

ルールがそろってしまえば英文読解はパズルなので、あとは趣味として楽しんでやるといい。僕は高校時代、英文解釈の問題をカードに貼って、赤ペン片手に電車の中で構造とったりしてました。1日頭を悩ませて、ああ!こうなってるのか!とひらめいた瞬間の気持ちよさったらない。