読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受験屋本舗さかた塾

2017年度尾道新規開校・東京大学現役合格講師による直接対面授業の難関大学専門塾

読解英文法

英文法を学ぶということが学習の中心になってしまうと英語のもつダイナミズムが失われてしまいます。

僕の理想とするアプローチとしては、

長文を読める・リスニングができる

→読解演習のなかで英文にたくさん触れる

→その中で文法に少しずつ触れていく

→目にしたことがある、もしくは語感をもった状態で細かい文法をみていく

というもので、とにかく長文読解をざっくりとでもできることが最優先で、その他のことは後回し。たくさん英語に触れて語感を養ったうえで細かい文法や和訳・英作文などを仕上げていく。

これが現状では文法を理解する・短文和訳をとる、くらいから始まりそのまま終わっているのでよろしくないのだと思います。

 

細かい文法事項や中身のない短文和訳なんかつまんないんですよ。

学習が進めば楽しいです(実際僕は大学入ってからそういうのが楽しくなりました。受験生のときにはほとんど手をつけてませんでした)

知らないもの見たこともないものつまらないものをいくら覚えようとしても難しい。

というか知ってても長文の役に立たない。名詞の可算不可算を覚えたとこで、長文には書かれてるわけで。訳読上大きな支障が出ないところは徹底して後回しにすればいい。

 

長文を読みながら知識を英語で増やしながらたくさんの単語表現文法に触れ、少しずつ体得していくのが重要です。

その上で重要な文法は

文型

不定詞

動名詞・分詞・分詞構文

関係詞

終わり

こんだけ

あと比較をちょっととか、時制を軽くとかはいるかもだけど、こんだけです。

それも深いところは必要ない。中学+α程度で十分です。

あとは単語力さえあれば中身を取ることができる。

 

くわえてパラグラフの構造や、センテンスのリンケージを意識していくことが長文読解の要だと思います。

 

重箱の隅をつつくような文法からいち早く脱し、長文の大海原へと漕ぎ出しましょう。