受験屋本舗さかた塾

2017年度尾道新規開校・東京大学現役合格講師による直接対面授業の難関大学専門塾

LA LA LAND 「Audition」

LA LA LAND もうみました?

最高にいい映画なので絶対に見てほしいんですけど、後半でエマ・ストーンが歌うAuditionっていう曲が超いいうえにrhymingが徹底されてて面白いので、解説しますね。

 


Emma Stone - Audition (The Fools Who Dream) LYRICS ON SCREEN

 

My aunt used to live in Paris
I remember, she used to come home and tell us
stories about being abroad and
I remember that she told us she jumped in the river once, barefoot
She smiled…

  

Leapt, without looking
And She tumbled into the Seine!
The water was freezing
she spent a month sneezing
but said she would do it, again

looking freezing sneezingとthe Seine againで区切りごとにきれいに脚韻。

spentの語法もよく見るやつですね。spent 時間 V-ing

said she would do it, againの部分は、wouldが過去時の時制の一致。

  

Here’s to the ones who dream
Foolish as they may seem
Here’s to the hearts that ache
Here’s to the mess we make

 dream seem とache makeで脚韻

Foolish as they may seemは英文法でもよくでてくるやつですね。

C as S Vの形でas = though

the mess we makeはいわゆる接触節で、関係代名詞がweの前に省略されてる形。

 

She captured a feeling
Sky with no ceiling
Sunset inside a frame

feeling ceiling で脚韻。ここは両方とも進行形じゃなくて名詞になってるのにくいですね。

 

She lives in her liquor
and died with a flicker
I’ll always remember the flame

liquor flicker で脚韻。前段のframe とflameでも踏んでますね。flicker と flameは頭韻になってます。livesが現在形のままなのしびれます。

 

She told me:

A bit of madness is key
to give us new colors to see
Who knows where it will lead us?
And that’s why they need us,
So bring on the rebels
The ripples from pebbles
The painters, and poets, and plays

 きれいに脚韻。ここ最高に盛り上がるとこですが、

key とseeで踏んでいて。lead us とneed us で踏んで。

Who knows where it will lead us?でitが指してるのはa bit of madnessで、なかなか日本人には発しづらい無生物主語型でleadが使われています。こっから連発の超いいとこでrebels ripples pebblesと脚韻でpebblesからpainter poets playsとpで頭韻が引き継がれます。特に最後のplaysのとこがいいですね。おそらくミアのキャリアである役者を指していますが、通常のactorでは踏めないので、少し無理してでも踏もうというplaysが映えますね。ここがbやpなどの破裂音を中心に選択されていることで迫力が出ています。

 

And here’s to the fools who dream
Crazy as they may seem
Here’s to the hearts that break
Here’s to the mess we make

サビの反復ですが、ラストだけcrazy breakとこれまでのfoolish acheよりも強い言葉が選択されています。響きもcrazy breakのほうが強いですし、crazyとmay seemでも踏んでるし、break makeでも踏めてるし、とっときを大サビまで控えていた感があります。

 

I trace it all back to that
Her, and the snow, and the Seine
Smiling through it,
She said she’d do it… Again

夢を追うものへの賛歌であり、冒頭のAnother day of sunのはじけるような明るさとはまた違った応援歌となっています。夢に向かう痛みとばかばかしさ、それでもそれを選択してしまう、私たち。手放した現実。選ばなかった未来。かなった夢と引き換えにしたもの。そうしたものを考えさせられるよいものです。Another day of sunも大好きだけどね!まだ見てない人はぜひ劇場へ!